我が家のワンコたち 

  

そもそも、我が家に犬を・・・と思うきっかけは、知人の柴犬が、かなりおりこうさんで、
小型だし、かわいいし、娘の欲しい欲しいビームもあって・・・我が家族もいなかの一軒家に住んじゃったので
犬を飼うのに気兼ねしないし、そんじゃ〜いっちょ探してみようか?とおもったのがきっかけです。

私は中学生のころから、小型の雑種と大型の秋田犬を家で飼っていて、
学校から帰ると、かなりの距離を、2匹一緒に連れて散歩に行く毎日でした。
悲しいかな、犬の寿命は短くて・・・でも、犬達とのあの懐かしい想いがよみがえります。

近くのペットショップなどを観てまわるうちに、どうもミニチュアダックスが人気絶頂!
ダックスがいいな?室内犬かぁ?と思いながら我が家の一員として迎える以上、独断で決めるわけはいきません。
約束どおり世話をみる娘達の意見や家内の意見もあるし、まして相手は生き物、縁がないと出会うこともなさそう。

柴犬がなかなかなくて、今度はまたまたブームのゴールデンレトリバーか?(いきなり、でかいって!)
と思った矢先・・・ショップからミニチュアシュナウザーを勧められたんです。
世界の犬達・・・などという本を見ながら、ミニシュナウザーを探して見ると・・・なんじゃこりゃ〜?
    
マンガに出てくるような、眉、長いヒゲ面、どうもイメージがわかない。でもこれは毛のCUT次第みたいで・・・。
柴犬と比べるのが無理があるけど、それまで犬の毛をCUTするなんてイメージもわかなかったわけです。


そうこうしながら、2001年5月!我が家にミント♀がやってきまして、メッチャかわいいんだこりゃ〜(^〜^)

         
          
 シャンプーしたよ     白っぽくなってきてかなり成長したなぁ                  
                                                   この方は
                            ヒーリング治療の世界的権威者で、
                現在、福岡県のある医療系大学で講師を務めるイギリス人 
                        慈観(ジカン)・アドラー・コリンズ先生です。
                      でも、なぜ、ミントが抱かれているんだろ???
 
2002年10月・・・続いて我が家に登場!のマーブル♂(通称モンチィ!)

      
 ダンボールに入れられて我が家に来ました。
    
   娘が大好き!よく面倒みてくれます。                 いつの間にか大きくなりやがって。
 元気いっぱいで、やんちゃなマーブル さびしがりやで、甘えん坊のミント

     犬の育て方、しつけなどについて、経験も含め、百万言葉を重ねても足りませんが、
1、ブリーダーや獣医さんら、専門家の意見を聞く、
2、かかりつけの獣医さんを持つ!・・・・に尽きると思います。 
数万年も前から人間と一緒に生活してきた犬・・・
家族の一員として、いつまでも元気でいて欲しいと切に願うものです。
私は一生、犬と暮らすでしょう♪

    

   


 2007年10月・・・・
熊本県某所に、捨てられ彷徨っているワンコ(2匹)の情報を
ネットで知り合ったある人から聞きつけました。


たまらなく会いたくなり餌を持ってきました。ある倉庫が仮の宿になっていましたが、
そこの主は、そう長く置いておけないそうで・・・(やがて・・・保健所行き?(T_T))

かわいそうなワンコたち・・・誰が、どうして、こんなお利口なワンコたちを捨てるのでしょう?

結局、飼い主がいないワンコ2匹を、我が家につれて帰りました。
こうして、我が家には、2匹の柴犬(?)が加わり、
合計4匹のワンコたちとの暮らしが始まりました。

 

 
↑帰巣本能なのでしょうか?
ウチに来ても、しばらくは遠くの北西の方をじ〜っと、ながめています。


大きいほう(年齢不詳のメス)・・・カリン
小さいほう(年齢不詳のメス)・・・コウメ

毎日、僕を、ミント&マーブルの散歩の
3倍くらいの距離を散歩に連れて行ってくれます。




地元新聞の冊子に投稿された、カリンとコウメの記事です。


噂の旅人 TOP

戻る