山口県の石橋


山口県、萩市にて



萩城址です。

山口県の石橋です。

三見橋 
2005年、3/23〜24山口県萩市を訪ねた折に、
長門市〜萩市の国道の鎖峠・・・の旧道沿いに、石橋の案内看板が・・・!
説明看板によれば、山口県内には、非常に珍しい、アーチ型石橋です。
石材は船で運ばれてきた・・・と記されていますが、
九州から運ばれてきたかどうかは、定かではないようです。

大正3年の竣工です。
現在は、旧道になり交通量は少ないですが
現役の橋です。
頑強な感じがします。
両側の補強の形式は、通潤橋に似ているような気がします。



萩市城下町で見た平安橋です。
輪石のアーチ形状ではありませんが・・・・。



江戸時代末期の架橋のようです。欄干の雰囲気はいかにも城下町!ですね。

枡築らんかん橋
2005/8/21取材


山陽自動車道下り、佐波川パーキングに移設されています。

高速道路通過の際にはぜひ見てくださいね〜(下り側のパーキングエリアですよ。)

案内板によれば・・・
江戸時代中期に塩田として栄えた山口県防府に、
塩田の通路となった入川にかかる石橋でした。
9基あったようですが、保存移設されたのは、この橋です。
特異な感じがする構造で、橋の中央の盛り上がりは満潮時の船の行き来のために、
このような構造であったということです。




石橋探訪 FILE

トップへ
戻る