宇城市の石橋(2)

宇城市小川町、松橋町





砂川下流のこの街は、すでに昔の賑わいはありませんが古い建物が残っています。
薩摩街道はこの街を最後に、東方の砂川上流に沿って進み、
比較的緩やかな峠道(娑婆神峠)を抜けて宇城市豊野町へ続きます。
緑川流域の石橋(2)にて豊野町の「薩摩渡し」と言う名の石橋がありますよ。
  
娑婆神峠の石橋

参勤交代の石畳が残る峠道にかか
る橋です。荒れた山道で今では通る
人もいません。
三反田橋

現役の橋ですが隣の新しい橋に、
その役目を譲っています。
筒井橋

集落に向かい、やや坂道にかかる現役の橋です。

塔の瀬石橋


田園風景にひっそりとその姿を残しています。

新吹野橋
砂川の一番上流にかかる橋です
新・・・とは言え、立派な石橋で風格があります。
周囲は比較的静かです。 このとおり現役の橋です。 昔の面影を感じる橋です。

旧吹野橋

新吹野橋の下流にかかりますが、その姿を探すのはちょっと困難でしたが、
すばらしい橋に巡り合えました。

あたりは鬱蒼としています。 川の水がとても綺麗です。 昔ながらのその姿です。

この橋は、ちょっと驚きました・・・・
橋は全て造られた当時のままのようですし、上部の舗装や補強の跡も見えません。
あたりの景色も、川も全て自然のままで、まるで時間が止まっているかのようです。
同じように古いまま残された橋は、高原橋、元屋敷橋、糸原橋・・・などがありましたが
見渡す限り、周囲の様子まで全て自然のまま・・・というのは初めて見ました・・・。
このまま時代劇のロケも出来るのでは?。

宇城市、松橋町

名もなく・・・忘れ去られたような石橋がありました。
まだ探せばあるかも知れませんね。

どこに石橋があるのでしょう?散々迷って、橋の下を覗くと・・・・

内田地区入り口の目鑑橋

豊福地区の目鑑橋・・・国道3号線脇に隠れていました。
亀もいました^^



石橋探訪 FILE

トップへ
戻る