味取観世音堂




国道3号線の傍。。。植木市から熊本市へ向かう道傍にあります。
平成13年。。。山頭火の石像ができていました。




大正13年熊本市の報恩寺にて出家。。。
翌年、この味取観音堂の堂主になりました。

やがて、この地を去った山頭火・・・・句を詠みながら、行乞、托鉢の旅に出ました。

いわば、山頭火の「托鉢姿」の原点がここにあるようです。



看板の説明書きによれば。。。

熊本に来て、大正13年出家、翌年、味取観音堂主になりました。
ここも、長くは続かず、1年2ヶ月で去り、放浪の旅に・・・
・・・
松はみな枝垂れ南無観世音・・・・は当時の句である・・・


松はみな枝垂れ南無観世音

左の句碑は、昭和47年、長年、山頭火を見守ってた、
大山澄太氏が寄贈されたものです




トップへ
戻る