天草の石橋

天草は熊本県では、阿蘇と並んで観光の名所です。
キリシタン禁制の歴史のイメージですね。
江戸時代は、幕府の直轄領でした。

地理上は、長崎方面、鹿児島方面に近く、古くから交易も盛んで、
熊本県でありながら独特の風土を保っている印象です。

         大浦天主堂です。

天草空港もありますが、普通は、三角半島から車で、
大矢野島、松島島、天草上島を合計5つの橋(天草五橋)を車で渡って、
天草で一番広い島、天草下島に着きます。


蓮河橋  1901年架橋(明治34年)
イキナリ・・・探しにくい橋でした。
付近は工事中で車を降りてずいぶん歩きました。
トラックの下に穴が見えます あれ?橋に見えないのですが・・・ やっと下に下りて確認できます。
アーチが2重になっています。

無量寺橋 1893年架橋(明治26年)
島の一南の果て(牛深市)にあります。
こちらは、数年前に来たことがありましたが、こんなに遠かったかなぁ?
無量寺から下ってすぐ見えます。 白っぽい砂岩、堆積石が使われてい
ますね。
大きな車は通れませんが、
現役の橋です。


轟橋
1914年(大正3年) 架橋  大正時代の橋です。
旧道になり、交通量は少ないです 川に岩が多く、ザワザワと水音がします。


芦刈橋
1914年(大正3年)架橋
コンクリート橋の下に隠れていて、わかり辛く、探すのは苦労しました・・・
轟橋と場所も近く、架橋年代が同じで、橋の形も同じ気がします。
ちょっとわっからん・・・(>_<) といいながら、最近は目が肥えたのか、コレかぁ?って最終的には確認できましたけど・・・。


楠浦の目鑑橋
1878年(明治11年)架橋
田園風景の中に忽然とその姿を現しています。
橋も川の両岸もがっちり作られている
印象です。
大きくせり上がった姿ですね。


平尾橋
1910年(明治43年)架橋。
県道278号線にある、現役の橋です。
付近に紛らわしい県道287号線!(>_<) もあり、これまた探しにくい橋なのでした。
かっちりして大正時代独特の橋ですね。 良く観ると、輪石、積み石も計算されつくした程に見事です。


施無畏橋
1882年(明治15年)架橋
こちらは、案内板があってわかりやすいです。


市瀬橋
1891年(明治24年)架橋
旧道になりましたが現役の橋です。
↑、天草の焼き物、水平(みずのひら、又は、みずのだいら)焼き窯元のすぐ近くです。

志案橋
明治15年竣工



馬場の石橋
江戸時代末期



祇園橋
1832(江戸時代・・天保3年)架橋
アーチ状ではありませんが、これは外せない天草の橋です。

国指定重要文化財指定







石橋探訪 FILE


トップへ
戻る