鹿児島県の石橋(1)

鹿児島県にもたくさんの石橋が残されています。
残されている・・・というより現役で使われている橋がとても多いです。
鹿児島県の石橋は、種山石工が手がけたものがあり、
熊本から遥か南の地でも種山石工が招かれて活躍していたことが伺えます。

西鹿児島の南方、指宿(いぶすき)から訪ねて見ました




湊川橋
(指宿市)


指宿市にあり、最南端にある石橋でしょうか?丹精なつくりで、海に程近く、現役の橋です。
とても綺麗な川には、小さな魚がたくさん泳いでいました。




貝底橋
鹿児島市喜入町


指宿に近く、国道226号線沿いにあります。
2連の石橋で、貝底川の河口にあり、国道からすぐ見えます。
石は赤みの帯びた石で、この地方の家の石垣にもよく使われているようです。
こちらも小魚がたくさん泳いでいました。


池の河内橋
知覧町


こちらは、隣の新しい橋にその役目を譲っています。
綺麗な川には、魚が・・・・。


矢櫃橋
知覧町


知覧の武家屋敷地区のすぐ近くです。
大小、2つの石橋が組まれています。
こちらも川の水が大変綺麗で、魚もたくさん泳いでいます。


桑水橋
川辺町


国道225号線を通れば、その脇に・・・現役の橋です。



★噂の旅人★Mark@熊本★

石橋探訪 FILE



トップへ
戻る