美里町の石橋(3)

続・・・・美里町(旧砥用町付近の石橋)
数歩で渡ってしまうほどの、小型の橋が多いです。

三加橋
上も下もコンクリートで補強ですがわずかに石橋をしのばせる痕跡もあります。
周囲の落ち着いた状況から、石橋のままで残っていれば忘れがたい橋であったでしょうね。


告乗橋
(つげのりはし)
こちらも、総コンクリート化粧?   いえ、輪石部分のみは下からみることができました。


西の鶴橋
こちらは、案内板が無ければ絶対見過ごしてしまいそうです。わずか2〜3歩、で渡ってしまう橋ですが、
輪石はしっかり組まれていて、小粒ながらピリリと辛い(?)忘れがたい橋です。


白岩橋
こちらも、案内が無いと絶対わからないでしょう!
道から下り鬱蒼とした木立の中を川沿いに進むと、忽然と現れます。痛みも激しいようで、補修の跡があります。

井竿橋
いさおはし
こちらも案内板が頼りですが、今では道が新しく作られていて、新しい橋の下にひっそりと・・・。

桑野橋
これも、わかり辛い・・・(>_<)・・・でも、農作業の方に聞けば、ニッコリ(^〜^)と教えてくださいました。
昔のままの姿を保っているようです。

下用来橋
しもようらいはし
またまた、案内板頼りです・・・どこかな?と見渡せば、新しい橋の下流に・・・
こちらも、補強なしの、昔のままの姿の印象でした。


小崎橋
こさきはし
(明治38年)1905年架橋
上部を拡張されていますが上流側からのみ、石橋であったことを確認できます。
架橋年代を示す石標が残されていました。

目磨橋
めとぎはし
こちらは、何度か通ったことがあるのですが・・・・石橋とは気がつきにくいです。
高さがあり、竣工は難航だったのでは?
緑川の支流、釈迦院川の急流に架っています。

石橋探訪 FILE

  

トップへ
戻る