泉村(五家荘)

現在の八代市泉町です


2005/11/12取材




五家荘とは、泉村(現在は八代市泉町)の地区のうち、
東側の仁田尾、椎原、久連子、葉木、樅木の5つの地区の総称名です。

九州でも山深いこの地区は秘境と呼ばれ、菅原家、平家の落人伝説でも知られています。

------------------------------------------------------------------------------
--


左座(ぞうざ)家旧居





京都の右大臣、菅原道真公は
左大臣、藤原時平等の中傷を受け、九州の大宰府に左遷されますが、
その菅原道真公亡き後、
藤原一族は菅原道真公の長男、管宰相にも追い討ちをかけます。


追っ手を逃れ、現在の五家荘、仁田尾の奥に逃げ延び、
左座太郎と名乗りこの地区を支配しました。


------------------------------------------------------------------------------

緒方家、旧居





源氏の平家討伐は関門海峡の壇ノ浦で平家は滅亡します。
平家一門の左大将、平清経は四国伊予今治〜豊後舞鶴(大分県)へ逃れ、
竹田の氏族、緒方家の招きで居住、さらに緒方姓を名乗り、
さらに追っ手から逃れるために熊本県の秘境、泉村の樅木に住みついたとされています。

その子息、緒方紀四郎守行が、この椎原地区に住み、代々この地を支配しました。


------------------------------------------------------------------------------


せんだん轟の滝

(60mを落下する滝です)

旧、泉村の柿迫地区から、仁田尾地区へ向かう渓谷にあります。


------------------------------------------------------------------------------
--
梅ノ木轟の滝


  
 

葉木地区にあります。足元すくむ吊橋を渡って、

さらに300m山道を歩いて滝に着きます。

男性的なせんだん轟の滝とは対象に、女性的な滝と言われるそうです



★噂の旅人★Mark@熊本★

トップへ
戻る