大分県の石橋(1)

日田市の石橋
2005/9/23取材

筏場橋(いかだばはし)
1806文化3年架橋

川底から高くに架けられています。
下の川はすぐ筑後川に注ぎます。
撮影のポイントが難し〜い・・・
適当な足場が無いのです。
おまけにヤブ蚊が!
古く200年を経た橋ですが、
保存状態もすばらしいです。

大肥橋
明治32年架橋
良く通る国道分岐点ですが、ここに石橋があるとは・・・・
こちらもなかなか撮影ポイントが・・・ 筑後川の支流大肥川にかかります
が、夜明ダムが出来て架橋当時より
もずいぶん浸水しています。
新橋と並んでいますが、石橋だとは気がつきにくいです。


中津市の石橋


山国川の3大橋を訪ねて
2005/9/23取材

山国川に削られた、青の洞門で有名な競秀峰です。このすぐ上流、下流に3大橋があります。

馬渓(ばけい)橋
大正12年架橋
5連の石橋です。橋簗は川の流れか
ら守るために高く積み上げられてい
ます。
交通量は少ないのですが、
現役の橋です。
水面に映し出される姿も綺麗です。


羅漢寺橋
大正6年架橋。
こちらは3連の石橋です。 橋幅も広く現役の橋です。 長く扁平なアーチ形状です。


耶馬溪橋
大正9年架橋


なんと8連のアーチ形状を誇ります。
アーチ連結の石橋では日本一長い橋だそうです。
現役の橋で、現在、
大型車以外は通行OKです。
橋長91メートル!
その長さにしばし圧倒されます。
水害に耐えながらも、
現在まで度々に修復されています。


★噂の旅人★Mark@熊本★

石橋探訪 FILE


トップへ
戻る