自己紹介

  

東陽グリーンツーリズム協会は

東陽町(旧東陽村)の交流空間整備事業促進のため平成17年6月に発足しました

当時は行政主導のもと交流事業を行っていましたが

現在は協会の活動趣旨に賛同する者で組織する任意団体です

私たちのモットーは「隣の家に遊びに来たような」身近な場所を提供すること

ちょっと田舎な東陽町では

農業・林業はもちろん昔ながらの料理や文化・工芸等が日常として存在します

そんなゆっくりとした時間が流れる東陽町です

東陽町ってどんなとこ?という皆様に簡単な自己紹介

人口2,584人(平成22年2月現在)

総面積約6,400ha 約85%が山林

主産業は「農業」

清流「氷川」と「河俣川」が流れ、緑に囲まれた中山間地域です

特産品は、なんといっても「生姜」!それと果樹類(特に晩白柚とデコポンは秀品ですよ)

また文化面では「石工の里」でもありあます

「種山石工の里」として橋本勘五郎をはじめ多くの名工が活躍しました

お膝元の町内には今も22基もの石橋が現存し ています

そんな魅力いっぱいの東陽町の資源を活かした、体験活動を行っているのが

私たち東陽グリーンツーリズム協会です

まだまだ試行錯誤の中ですが

お越しいただいた皆様に楽しんでいただけるよう

そして東陽町を好きになってもらえるような

活動ができればなと思っています

八代にお越しの際は 国道3号から443号へ少し足を延ばして

東陽町をお尋ねください

人情味あふれる町民が皆様をお待ちしています

 

 

東陽グリーンツーリズム協会 会長 山田 勝利